リレンザは吸入器に入れて粉末を吸入するという仕組みなので、普段あまりそのようなかたちで薬を服用することは少ないと思うので馴染みがないかもしれません。リレンザについていろいろ学んでいきましょう。

リレンザについて正しい使い方を説明する男性

大人インフルエンザによる鼻水症状はリレンザを服用

インフルエンザに感染すると、子供はもちろん、大人も非常に辛い思いをするため、周囲への感染を防ぐためにも、何日かは仕事を休まなければなりません。
インフルエンザの症状は風邪とよく似ていますが、急に38度近い高熱や全身の倦怠感があらわれることが特徴です。
他にも、筋肉痛や関節痛、食欲減退などの症状が起こりますが、これらの全身症状が治まり、2、3日ほど経過してから、鼻水や鼻づまり、のどの痛み、咳などの部分症状が起こります。
これは実はインフルエンザの治りかけのサインといわれているので、部分症状が起こったら、回復に向かっていると判断することが出来ます。
一般的な風邪の場合は、部分症状が先にあらわれることが多いので、自分がインフルエンザか風邪かを判断したいときは、目安にするとよいでしょう。
とはいえ正確な診断を下せるのは医療機関だけなので、風邪によく似た症状が起こったら、検査を受けるようにしてください。
インフルエンザであった場合は、リレンザなどの治療薬を処方されるので、使用上の注意をよく読んでから服用することが大切です。
リレンザは吸入薬なので、子供には少し使いにくいですが、大人ならそれほど難しくはないはずです。
リレンザを48時間以内に使えば、気道に直接作用して、ウイルスの増殖を抑えられるので、高熱も長くは続きませんし、鼻水や鼻づまりで苦しめられるのも短期間で済みます。
比較的軽い症状で抑えられるので、熱が出たり、筋肉痛などの症状が起こったら、リレンザを吸入して治すようにしましょう。
医療機関以外では、個人輸入代行通販でもリレンザを取り扱っているので、自宅に備えておきたい場合はサイトに注文することをおすすめします。