リレンザは吸入器に入れて粉末を吸入するという仕組みなので、普段あまりそのようなかたちで薬を服用することは少ないと思うので馴染みがないかもしれません。リレンザについていろいろ学んでいきましょう。

リレンザについて正しい使い方を説明する男性

リレンザもラピアクタも感染したらいつからでも使用を

 インフルエンザ治療薬のリレンザは、粉末状の薬で、吸入して摂取します。同じくインフルエンザの治療薬であるラピアクタは、点滴注射薬です。患者が粉末を吸入するのが難しかったり、飲み薬が飲めなかったりする場合に使用できます。ラピアクタの点滴は、たいてい1回で済みます。リレンザは1日2回で5日間吸入する必要があります。両方とも、発症から48時間以内に使用しなければなりません。使用は早ければ早いほど高い効果が得られるので、感染したことが判明したら、いつからでも使用できます。いずれの薬にも、下痢の副作用が報告されていますので、栄養不足になる可能性があるため、それ以前に十分な栄養補給をおこなっておきましょう。
 インフルエンザウィルスは侵入後48時間で全身に拡散します。そのあとにこれらの薬を使用しても、手遅れです。ウィルスが増殖を始める前に使用できれば一番いいのですが、現状では、インフルエンザに感染したかどうかは、感染から12時間から24時間経過して、ある程度ウィルスが増殖してからでないとわかりません。感染直後でも判定できる技術が開発されていますので、その技術の普及が待たれるところです。感染直後に感染していることが確認できれば、ウィルスが増殖する前にこれらの薬が使用でき、増殖をストップさせられるので、効果を十分発揮することができます。現状ではまだ、感染の事実が確定されるまで時間を要するため、使用機会を逸することもあり、惜しいところです。感染が確認されないまま、これらの薬を処方することは、原則としてできません。予防としての使用となるため、健康保険も適用されませんし、使用条件もかなり制限されています。